SSブログ
前の10件 | -

車あれこれ [車]

iIMG_6018.jpg


以前使った写真ですが、なかなか派手な形をした TOYOTA の 86 ですがかなりな音を立てて走っていました。

その後何度か同じ場所で見かけています。



iIMG_6771.jpg


こちらは先日隣に止まっていた車です。

新型PRIUS でしたが、足が見えてちょっと驚きました。

この人はサンダルで運転しているのでしょうか?

手で触れるハンドルの近くに足を持っていくのは嫌ですねぇ。



jIMG_6576.jpg


で、これがここ何日か見かけている車です。

リアに特徴がありますね。



jIMG_6555.jpg


フロントはこうですが、ウインドウに貼ってある店名と思われる文字を調べるとそれほど遠くないところにある会社です。

店舗は二つありますが、こうしたパーツをつけたりして販売しているのが業務の一つのようです。

この車のオーナーはそこの従業員ではないかと思います。



jIMG_6778.jpg


で、昨日見ると色が変わっていました。

ホイールも変わっています。

タイヤも多分。


ナンバーは同じですから全塗装したのでしょう。

以前の色もそうかもしれません。


趣味はいろいろです。


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

どちらも電源は入る:F3, F3 HP [写真・カメラ]

i2024 07 17_0001.jpg


帰ってきた F3 としばらく前に中古で買った F3 HP に新しい電池を入れてみました。

HP を買った時いただいたものがありましたので。



i2024 07 17_0006.jpg


ファインダーを覗いた状態で撮ることはできなかったので外して撮りました。

こちらは F3 HP。

シャッタースピードが表示され、シャッターも切れ、セルフタイマーも大丈夫でした。



i2024 07 17_0007.jpg


こちらは F3。

同じく大丈夫です。


F3 HP は 写真展の主人が「以前は切れていたのにシャッターが切れなくなったので基盤がダメかもしれない」としていわばジャンク扱いで安く売ってくれました。

HP のファンダーを買ったと思えばいいかなと思ったのですが、電池の消耗だったようです。


底蓋を開けてみるとかなり汚れていたのでそうかなと思ってしまったのでした。

その電池を外して F3 に入れてみたら(蓋が固着していましたけどなんとか取りました)電源が入りませんから、これは F3 もダメかと思って修理に出したのでした。


何の事はない電池の消耗でした。

なんてこった。

確か修理に出す際に写真店の店頭でも確認したはずなんですけどね。


F3 は低速シャッターで異音がするとしてそれが修理対象になったのですが、修理費はそれほど高くはなかったものの修理しなければならないほどだったのかどうかはわかりません。


今回はずいぶん時間がかかりましたが、調整が難しかったのかパーツの調達に時間がかかったのかわかりません。

修理の報告書には今後は修理はできないかもしれないと書いてありました。

正直、修理に出すときはダメかもしれないとは思っていました。



i2024 07 17_0008.jpg


左が F3 HP です。



i2024 07 17_0009.jpg


フィルムの位置を示す白い線の長さに違いがあります。



i2024 07 17_0010.jpg


多重露出のレバー。

左が F3 HP、右が F3(初期型)で、大きさに違いがあります。

F3 も途中から小さくなったようです。


電池の問題だったことはジャンク扱いで売ってくれた写真店に一応報告しましょう。





iIMG_6779.jpg


給油後三日目。

少し多めに走りましたが、燃費はさらに伸びました。

この調子を続けられるといいですが。


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帰ってきた F3 [写真・カメラ]

i2024 07 16_0007.jpg


今日もまだ梅雨でした。

明日も同じようなお天気らしいです。


修理に出していた愛用した F3 が帰ってきました。



i2024 07 16_0001.jpg


にわかには信じられないのですが、電源が入らないのが修理を依頼sたい理由なのですが、なんと電池の消耗が原因で、カメラには問題ないとのことでした。

これは見積もりが来た段階で知らされていたのですが、修理を依頼する時点でお店でチェックもしたのですが、狐に摘まれたかのようです。


点検の結果低速シャッターで異音がするとのことで、そこが修理対象となりました。

それにしても4月10日に修理を出して、点検結果と見積りが来たのがひと月後だったと思いますが、カメラ店に帰ってきたのは今月上旬です。


なんでそんなに時間がかかったんでしょう?

交換した部品などは書いてなかったのですが、シャッターユニットの調達に時間がかかったのかそれとも調整に時間がかかったのか、ちょっと心配でした。



i2024 07 16_0014.jpg


都市伝説ではないですがオリジナルの状態の F3 を修理に出すと悪い業者は貴重な部品を代替え品とすり替えてしまうという話も信頼できる人から聞いたのですが、内部はチェックできないのでわかりませんが外観は特に変化はないようです。



i2024 07 16_0016.jpg


ファインダーはアイレベルで、いつやったのか憶えていませんが凹みがあります。



i2024 07 16_0018.jpg


右上の小さなレバーは多重露出用のレバーで後期型はこれがスリムになりますが、これが根幹されてしまったなんて話もあるようです。


他にも一旦修理したカメラを別の修理で別のところに依頼して帰ってきたものを最初のところにまた持って行ったら中の部品が別のものになっていると言われた、とか。



i2024 07 16_0012.jpg


この部分の緑青をきれいにしてくれるかと期待したのですがそのままでした。



i2024 07 16_0013.jpg


i2024 07 16_0019.jpg


FUJIFILM と Nikon ではレンズを脱着するときの回転方向が逆です。

Canon や CONTAX も逆だったような気がします。



iIMG_6772.jpg

さて給油後2日目。
燃費は 30.3km/L に伸びました。
さらに伸ばしたいですね。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

燃費好調 [車]

iIMG_6763.jpg


今日は気温が低かったですね。

少し雨も降りました。


この頃走行距離が少し減ったのか、だいたい三週間間隔で給油していたところ今回は1ヶ月以上持ちました。

今日はまだ給油しなければならないほどではなかったのでいつもの残量になるまで乗ったら五週間ということになったかもしれません。


給油前に撮るのを忘れたので帰宅して撮ったのですが、燃費はまあまあです。

給油前の燃費の表示は 30.2km/L でした。

満タン法で測る実燃費はそれより大抵落ちるので 28km/L くらいかなと思ったのですが、給油量は思ったより少なかったです。



i2024 07 15_0017.jpg

走行距離は 1,018.7km だったので燃費は 30.318km/L ということになります。
メーターの表示より実燃費が良いことは滅多になく、給油からあある程度走ったあたりで一番いい燃費が表示されて徐々に低下していくことが多いのですが、今回はだんだん上がってきていました。
 
今後もこの調子を維持できるように心掛けます。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

恒例のママさんオーケストラのコンサート [音楽]

i2024 07 14_0008.jpg


傘を持って出たのですが、使わずに済みました。
今日は先生の所属するオーケストラの演奏会でした。



i2024 07 14_0006.jpg


会場はいつもの千葉市民会館。

移転の計画が決まっていたのですが、建設費の高騰その他の理由で計画は中断しています。

なので次回もここで行われます。



iIMG_6736.jpg



ママさんオーケストラですが、子供がいなくてもいいそうです。

プロのオーケストラはともかく市民オケはどこでも団員が不足しています。

ここでもエキストラは

1st Vn 二人、 2nd Vn 二人、Va 五人、Vc 4人、Cb 二人、

Hn 一人、Tb 一人、Tuba 一人、Perc. 三人、Hp 一人

という状況です。

今回はワーグナーやチャイコフスキーで人数が必要だったのでトラが多かったようです。





曲目は

A. ドヴォルジャーク:スラヴ舞曲 第1集 第1番 Op.46-1

                 第2集 第10番 Op.72-2

                 第1集 第8番  Op.46-8

R. ワーグナー:楽劇『さまよえるオランダ人』序曲


J. シベリウス:組曲『カレリア』より 第三曲「行進曲風に」Op.11

G. フォーレ:組曲『ペレアスとメリザンド』より「シシリエンヌ」 Op.78

P. I. チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』



i2024 07 14_0075.jpg

フォーレは先生がソロでしたが、いつもの音色と違っていたように聞こえました。
ハープはエキストラの方だったのですね。
まあ、いつも出番があるわけではないですから。
チャイコフスキーでも活躍しますが、とても良かったです。
 
市民オケではどこでも募集しているのは弦楽器です。
フルートはほとんど募集がありません。
 
弦楽器は小さい頃から習わないとダメですからね。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

八重の桔梗が咲いた [花、植物]

l2024 07 13_0105.jpg


朝から弱い雨です。


昨夜の続きです。



l2024 07 13_0090.jpg


白のグラジオラスは今が見頃です。



l2024 07 13_0087.jpg


赤は終わったかと思いましたがまた咲いていました。



l2024 07 13_0111.jpg


そのすぐそばに八重の桔梗があります。


色が混じるものが高頻度で出現します。



l2024 07 13_0108.jpg


くっきり分かれるものが多いです。



l2024 07 13_0096.jpg


単色のものも咲きます。



l2024 07 13_0100.jpg


きれいな水滴ができています。



l2024 07 13_0129.jpg


ナスは順調に育っています。



l2024 07 13_0133.jpg


ラビットアイ系のブルーベリーが色づき始めました。



l2024 07 13_0135.jpg


パウダーブルーという品種で、大きめで味もよく、ブルームがきれいな良い品種です。



l2024 07 13_0136.jpg


l2024 07 13_0137.jpg


楽しみです。



l2024 07 13_0140.jpg


この場所の八重のガクアジサイもまだ見られます。



l2024 07 13_0141.jpg


l2024 07 13_0143.jpg


暴れん坊な感じです。



l2024 07 13_0146.jpg


ベゴニアは勝手に増えます。



l2024 07 13_0148.jpg


北の庭の普通の木今日はもう見頃は過ぎました。



l2024 07 13_0149.jpg


今年はいつものクロウリハムシはまだ姿を見せません。



l2024 07 13_0153.jpg


ま、油断していると突然登場するのですけど。



l2024 07 13_0155.jpg


アナベルはもう終わりです。



l2024 07 13_0158.jpg


これが最後のようです。



l2024 07 13_0160.jpg


l2024 07 13_0161.jpg


フロックスは雨には弱いです。



l2024 07 13_0163.jpg


「隅田の花火」もピークは過ぎました。



l2024 07 13_0162.jpg


l2024 07 13_0165.jpg


キレンゲショウマの蕾が膨らみ始めましたが、成長はゆっくりです。

クロウリハムシはこれも大好きなので心配です。


きれいに咲いたところが見られたのは何回もありません。



l2024 07 13_0173.jpg


古くからあるバラがまた咲き始めて、いい状態のところを見ることができました。



l2024 07 13_0168.jpg


深紅ではなくてやや明るめの色です。



l2024 07 13_0175.jpg


開き切ったところよりも蕾よりもこの状態がいいですね。



l2024 07 13_0170.jpg


今は一輪ですがまだ咲いてくれるかもしれません。


今日は一日雨のようです。

洗濯物は今年購入した衣類乾燥機(ハンガー式)に入れました。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨上がりの朝 [花、植物]


i2024 07 13_0069.jpg
 
昨夜降りました。
朝は止んでいましたが水滴がいっぱいです。
 
 
i2024 07 13_0001.jpg
 
ゼラニウムはそろそろ終わりかもしれません。
 
 
i2024 07 13_0003.jpg
 
南天に実ができていました。
 
 
i2024 07 13_0007.jpg
 
サルナシが意外に残っています。
 
 
i2024 07 13_0010.jpg
 
i2024 07 13_0013.jpg
 
i2024 07 13_0014.jpg
 
八重のガクアジサイもそろそろ終わりに向かっているようです。
 
 
i2024 07 13_0022.jpg
 
i2024 07 13_0017.jpg
 
パイナップルリリーはもう少しで咲きそうです。
 
 
i2024 07 13_0019.jpg
 
i2024 07 13_0024.jpg
 
i2024 07 13_0026.jpg
 
白かった紫陽花に赤が入り、
 
i2024 07 13_0027.jpg
 
緑に変わっていました。
 
 
i2024 07 13_0028.jpg
 
遅く咲いた紫陽花はもう少し楽しめそうです。
 
 
i2024 07 13_0031.jpg
 
i2024 07 13_0036.jpg
 
ムクゲは花盛りです。
 
 
i2024 07 13_0037.jpg
 
白がなくなったのが残念です。
 
 
i2024 07 13_0035.jpg
 
i2024 07 13_0038.jpg
 
i2024 07 13_0042.jpg
 
蕾もまだあります。
 
 
i2024 07 13_0043.jpg
 
i2024 07 13_0046.jpg
 
i2024 07 13_0052.jpg
 
i2024 07 13_0054.jpg
 
いつも咲く淡い色の紫陽花は今年は遅いなと思ったら雑草が蔓延っていました。
 
 
i2024 07 13_0055.jpg
 
i2024 07 13_0059.jpg
 
八重のクチナシは一番いい時は過ぎたようです。
 
 
i2024 07 13_0086.jpg
 
i2024 07 13_0067.jpg
 
ヒメヒマワリは今年は少ないです。
 
マーガレットはいい状態のものはもうありません。
 
 
i2024 07 13_0070.jpg
 
二色のカンナはくっきりと分かれて咲いていました。
 
 
i2024 07 13_0074.jpg
 
黄色だけのものも、
 
i2024 07 13_0077.jpg
 
赤だけのものもあります。
 
 
i2024 07 13_0071.jpg
 
はっきり分かれています。
 
 
i2024 07 13_0076.jpg
 
葉の色も花と同じなのが面白いです。
 
 
i2024 07 13_0083.jpg
 
畑ではかぼちゃが育っています。
 
 
i2024 07 13_0082.jpg
 
ナスも育っています。
 
続きは明日の朝アップします。
 
 
88_31.gif

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅雨らしい日

i2024 07 12_0010.jpg


こちらの地域では久しぶりの雨です。



i2024 07 12_0015.jpg


いつものカフェの天井では常にシーリングファンが回っています。



i2024 07 12_0009.jpg


さてこういうものがあるとは知らなかったのですが、ROYAL COPENHAGEN のリキッドコーヒーです。



i2024 07 12_0008.jpg


三種類あって、もう一つは MOCHA FRENCH でした。

フランチローストが深煎り、イタリアンローストが極深煎りです。



i2024 07 12_0005.jpg


カサブランカでコーヒー豆ができたっけ?と思ったら、農園の名前でした。



iIMG_6719 2.jpg

さて今日は冷たいものを運ぶ必要ができたので発泡スチロールのクーラーボックスの中に入れたソフトタイプのクーラーボックスに多い目の保冷剤をセットして使いました。
 10時少し過ぎにセットして、途中で品物を入れました。
蓋を開けるまでに温度は下がり続け、一番下がった時の温度は 5.1℃ でした。
一旦蓋を開けて中身を取り出すと温度は上がり続けます。
それでも 40分くらいは 10℃ 以下を保っていました。
 
今日はそれほど暑くはありませんでしたが、今日より 10℃ 高い日でもキンキンに冷えた状態を望むのでなければ十分使えるでしょう。
明日の朝は更新しません。

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

虫除けにはシトロネラか [道具]

iIMG_6694.jpg


雨がほどほどに降りました。

おかげで少し過ごしやすいですね。


さて例のクーラーバッグですが、発泡スチロールの中に入れてみたらどうかと思ってやってみました。



iIMG_6707.jpg


ぴったりの大きさですが、発泡スチロールのボックスの蓋はほんの少し閉めにくいです。



iIMG_6706.jpg


この状態で今日様子を見ましたが、どうもちょっと変ではないかと思ったので同じ場所に置いて数値を確認するとばらつきがあるので、簡易的なキャリブレーションを行なってほぼ同じ数値を示すようにしました。

ボックスの蓋も開けて条件をそろえます。


明日からしばらくは雨が多くて厳しい暑さはないようなので厚い日にチェックしてみたいと思います。



i2024 07 11_0001.jpg


さて例の超音波を発する道具はダメだったので、効果があると思えた花王のセラムの成分であるシトロネラオイルを買ってみました。



i2024 07 11_0003.jpg


小さな瓶入りのものが多く一滴づつ垂らして使うものが多いのですが、これはスプレーして使うタイプです。



i2024 07 11_0002.jpg


ティーツリーはどうかわかりませんが、他は虫除けに効果があると言われている成分です。



i2024 07 11_0004.jpg

次の週末は手や首にはこれまでと同じように花王のセラムを使い、足下にはこれをスプレーして効果を確かめたいと思います。
 

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

売れたらしいクーラーボックスの実力は? [道具]

i2024 07 10_0013.jpg


今日もいつものカフェで新商品のキウィスカッシュをいただきました。

ピーチもそうですが果肉が乗っているのがいいですね。



i2024 07 09_0009.jpg


さてこれはお馴染みの宝島社の付録付き雑誌の付録です。



i2024 07 09_0002.jpg


今年も売っていますがこれは去年購入したままになっていたものです。

お値段変わらずでブラックが追加されています。



i2024 07 09_0003.jpg


こんなことが書いてあるのでテストしてみようと思いました。



i2024 07 09_0004.jpg


断熱材は確かに厚いなという印象です。



i2024 07 09_0006.jpg


蓋の内側に保冷剤をセットする事ができます。



i2024 07 09_0007.jpg


発泡スチロールのボックスと同じように温湿度計を入れます。



i2024 07 09_0008.jpg


ファスナーの部分は薄いです。



i2024 07 09_0009.jpg


iIMG_6678.jpg


これを発泡スチロールのボックスと同じようにラゲッジスペースに設置してある時点の温度を測りました。



iIMG_6684.jpg


車内が 46.9℃ の時

ラゲッジスペースは 38.8℃、

発泡スチロールのボックス内は 35.8℃、

新しいボックスの中は 42.3度℃ でした。

ラゲッジスペースの温度に比べると発泡スチロールのボックスは -3℃、

新しいボックスはなんとラゲッジスペースより 3.5℃ 高いという結果でした。

設置位置がトノカバーに近い高さだったことを考慮しても意外な結果です。


こうなると本当に氷がそんなに長い時間溶けないのだろうかという疑問が湧きますが、その条件は確か周囲の温度は 25℃ です。

出版社の説明によれば

 ※第三者機関にて保冷性能試験を実施。

 バッグ容量の25%の量の氷を入れ、25℃の環境下で8時間後の氷の残存率を測定(結果:残存率80%)。

 この残存率をもとに氷が完全になくなる時間を算出しています。

 保証値ではありません。

 なお、保冷性能は環境やフタの開閉、内容物などにより大きく変動します。

とのことですが、24時間測ってみればいいのにとは思います。

氷が一欠片でも残っていれば「残存」と言うのでしょうね。


まあ、保冷剤を入れればいいのではありますが、期待ほどではなかった結果ではありますが発泡スチロールの方が断熱性能は高いと考えて良さそうです。



i2024 07 10_0001.jpg


許はいつものカフェで先日と同じ新商品のキウィスカッシュを頼んでみました。



i2024 07 10_0008.jpg

酸味も甘味もありますが、爪痛いことを考えるとちょっと糖分が多いのかなと思います。
気をつけましょう。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -